外部機関に調査を依頼する時

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、びっくりするするほどに低料金だったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、料金設定が細分化されていて、それ以上、料金がかからないような探偵事務所がオススメです。

そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前に調べておくべきです。法外な調査をしているところには依頼しない方が得策です。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当然ですが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。

そして、尾行時に移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認したほうが良いでしょう。

浮気調査で先ずすべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。

浮気しているか否かが不明瞭な場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。

お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の姿・年齢・氏名などを証拠として押さえるのです。

カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。カーナビにある履歴を確認し、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられる場合があります。

履歴が見慣れない場所であった場合注意しなければいけません。そして、よくもし給油していたら、車で会っている可能性はゼロではありません。

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するのがオススメです。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかよく考えてから相談するといいでしょう。

また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するべきです。

女性の場合だと、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、後で噂になりたくないなら、相談しないようにしましょう。

こちらもどうぞ⇒浮気調査の金額について調べてみた