食事をした際に店で発行する領収証

食事をした際に店で発行する領収証にはご飯を一緒に食べた人の数が記載されている可能性があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

あわせて、クレジットカードの支払い項目は月々チェックするようにします。

仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。

興信所と探偵事務所の違うところですが、変わりはほとんど無いと言っても言い切れます。

浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、仕事内容は類似しています。

でも、違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。探偵を依頼することで浮気の証拠を掴む事が可能です。

相手が浮気をしているのではないかと思った場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。

けれども、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても、相手に感づかれてしまうリスクが高くなります。

なぜでしょう?答えは簡単で、相手があなたの顔を知っているからです。

実際、もう離婚になってもいい、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

その場合でも、自分だけで乗り込むというのは喧嘩になりやすいので、避けたいところです。信頼している人を連れて行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。

信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に依頼すると良いです。探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればいいということではありません。

浮気の事実があるのか調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。その時、どれだけ依頼者のことを最優先に考えてくれるのが信じられる探偵と言えるでしょう。

信頼してもいい探偵なのかは、お話を進めるときの印象などで落ち着いて決めてください。

もっと詳しく>>>>>探偵の浮気調査の料金